<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 宮崎県の口蹄疫問題で、同県えびの市は24日、市内で新たな感染がないことを確認する家畜の清浄性検査を始めた。26日までの3日間で最初の発生農家から半径3キロ以内の牛1338頭から採血し、豚は2723頭を目視検査する。牛の全頭が「陰性」で、豚にも異状がなければ6月4日に家畜の移動・搬出制限区域(半径10キロ・同20キロ)を解除する。

 解除後は市内のすべての牛、豚計約10万頭の出荷が可能になり、市は「終息宣言」を出す方針。【中尾祐児】

【関連ニュース】
口蹄疫:食肉処理場の操業再開認める…移動制限区域
口蹄疫:ペットのヤギにも感染の疑い
口蹄疫:牛に対するワクチン接種始まる 3市4町で実施
口蹄疫:産地切り替え困難 種牛殺処分
四日市市議:ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」

地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
専門家と一般消費者つなぐマッチングサイト人気(産経新聞)
国王迎え、宮中晩さん会=陛下「きずな強めるよう願う」―皇居(時事通信)
自民なおゴタゴタ 党本部VS宮城県連に発展 谷川氏が暗躍か…(産経新聞)
党本部推薦に県連反発、自民が宮城で分裂選挙へ(読売新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-05-27 13:48
 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、政府は17日夕、首相官邸で、鳩山由紀夫首相を本部長とする「口蹄疫対策本部」の初会合を開いた。鳩山由紀夫首相は冒頭、「拡大が大変懸念される。危機管理上、重大な課題だ」と強調。防疫措置に万全を期すことや、発生農家への経営支援策など4項目を指示した。
 会合では、地元自治体との連携強化とともに、政府を挙げて口蹄疫の感染拡大防止や被害農家への支援などに取り組んでいく方針を確認する見通し。
 対策本部は、全閣僚を構成メンバーとし、赤松広隆農林水産相と平野博文官房長官が副本部長となる見込み。幹線道路での消毒強化といった感染拡大防止策のほか、被害農家支援のために家畜伝染病予防法の改正や特別措置法の必要性などを議論するとみられる。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕「友愛ボート」参加者を激励=鳩山首相
口蹄疫対策本部が初会合=宮崎の被害拡大で
「友愛ボート」参加者を激励=鳩山首相
首相をトップ、本部格上げ=政府、関連法の改正検討
鳩山首相の沖縄再訪「意味がない」=稲嶺名護市長

政府答弁書 輿石氏の農地違法転用で「原状回復措置を講ずべき」(産経新聞)
ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)
羽根が先勝=囲碁本因坊戦(時事通信)
体力テスト 市町村別結果、公開へ 大阪府教委 学校別は非公開(産経新聞)
運転免許返納者5万1000人=高齢者中心に75%増―警察庁(時事通信)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-05-18 18:01
 毎日新聞社は7日、インターネット上で得た読者の声を生かした新しい新聞「MAINICHI RT」を6月1日に創刊すると発表した。通常の新聞をあまり読んでいない20〜30歳代をターゲットとし、東京都と神奈川、千葉、埼玉各県で約5万部の発行を予定。月曜を除く週6回の発行を原則とし、毎日新聞の販売店から宅配する。定価は月額1980円。
 RT紙面で取り上げるニュースは、同社のニュースサイト「毎日jp」のアクセスランキングを基に選ぶ。それに対する読者の声を得るため、「つぶやき」と呼ばれる短文を投稿・閲覧するサイト「ツイッター」を活用。その中からニュース解説や関連情報に当たるものを紙面でも紹介する。 

ひこにゃん 商標使用は有料に…彦根市の人気キャラ(毎日新聞)
<ジェットスキー事故>3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)
ギリシャ問題「大変心配」=首相(時事通信)
「指導力欠くことある」=普天間念頭、鳩山首相に苦言−民主・小沢氏(時事通信)
鳩山首相「沖縄の中に一部移設せざるを得ない」 記者団に明言(産経新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-05-11 01:19