<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 東京都足立区で昨年末、指定暴力団松葉会系幹部が射殺された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は29日、殺人の疑いで、住所不詳の元タクシー運転手、藤井勝被告(53)=銃刀法違反罪で起訴=を再逮捕した。

 同課の調べによると、藤井容疑者は平成21年12月30日深夜、足立区椿のマンション3階で、同室に住む指定暴力団松葉会系の鈴木和一顧問=当時(68)=の腹と右腕に発砲し、殺害した疑いが持たれている。

 同課によると、藤井容疑者は約20年前まで指定暴力団住吉会系の組員で、鈴木顧問と付き合いがあった。同課は2人の間に金銭トラブルがあったとみて、動機を調べている。

 藤井容疑者は今年1月4日、拳銃(けんじゅう)1丁と実弾3発を持って警視庁西新井署に出頭し、銃刀法違反(加重所持)容疑で現行犯逮捕されていた。

【関連記事】
警察官の長男、父親の拳銃で自殺か 岡山の駐在所
焼肉店主射殺の元従業員、差し戻し控訴審も無期懲役判決
暴力団会長射殺、連絡役の元幹部に懲役15年 福岡地裁
拳銃所持の男が出頭 警視庁、暴力団関係者殺害との関連捜査
警察庁長官銃撃 オウム元幹部らの書類送検検討

5人死傷事故で19歳逮捕=無免許でスピード出し過ぎ−千葉県警(時事通信)
<埼玉連続不審死>殺人容疑で女再逮捕へ 県警2月初めにも(毎日新聞)
休校など減少傾向も「今も流行中」―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)
小沢氏事務所 60社から15万人分の名簿 98年参院選(毎日新聞)
雇用見込み期間「31日以上」に緩和へ(読売新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-02-05 08:08
 千葉市の第3セクター「千葉都市モノレール」は、改革を推し進める新社長を公募している。熊谷俊人市長が掲げるマニフェストの「民間からの社長登用」に基づく公募で、これまで市や県職員OBが社長を務めてきた同社に、新たな風を吹き込もうという狙いがある。

 同社は昭和63年の開業以来、乗客数を着実に伸ばし、昨年には3億人を突破した。しかし、少子化などによる将来的な乗客数の減少が課題となっている。

 新社長の任期は6月下旬から2年間。常勤できることを条件とし、年収は約900 万円。指定の申込書に記入し、小論文とともに郵送もしくは持参する。

 申込書は同社と千葉市役所で29日まで配布。ホームページからもダウンロードできる。問い合わせは、同社経営管理室(電)043・287・8211。

【関連記事】
千葉市の財政難深刻 「モノレール」どうする?
鉄道を経営してみませんか? 千葉・いすみ鉄道が社長を公募
幻の姫路モノレール車両を35年ぶりに公開へ
「橋下知事に橋渡し役」友人の民間人校長に辞令 軽率と陳謝も
民間人校長候補に盗撮歴発覚…問いつめられ辞退

<小沢幹事長>稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」(毎日新聞)
当意即妙…首相演説に野党議員ヤジ連発(産経新聞)
日中歴史共同研究報告書 「政治は未来志向で」官房長官(産経新聞)
長浜厚労副大臣らも出席、チーム医療協議会が初のシンポ(医療介護CBニュース)
八王子のスーパー射殺事件、犯人の靴を特定(読売新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-02-04 08:59
 東海道新幹線で先月29日、「補助吊架(ちょうか)線」が切断して停電し、乗客約14万9000人に影響が出たトラブルで、JR東海は1日、切断の原因は、パンタグラフの部品を交換した際にボルトを締め忘れた人為ミスだったと発表した。

 発表によると、パンタグラフが損傷した東京発の「こだま659号」に使われた車両は先月27日夜に点検した際、T字状になっているパンタグラフの横棒部分が傷んでいるのが見つかり、28日未明までに東京都品川区の同社修繕所で横棒部分を新品に交換したという。

 この際、台座に固定するボルト4本を作業員が閉め忘れてしまったため、29日のトラブルの際にまず、パンタグラフの横棒部分が台座から脱落。架線を固定するアームに台座部分がひっかかり、補助吊架線が切断されたとみられるという。

 同社は、作業時の点検を強化するなどして再発防止を図るという。

名護市長選 移設反対派が勝利 5月決着また先送りか 首相の責任問題にも(産経新聞)
公務員II、III種試験の日程発表=人事院(時事通信)
宝くじ28億円的中男が殺されていた!…米フロリダ(スポーツ報知)
<朝青龍関>警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
JAL問題で検証チーム=民主(時事通信)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-02-03 10:22
 昨年7月の集中豪雨で被災した山口市上天花町の国指定史跡「萩往還」の復旧工事現場から、江戸時代の通貨「寛永通宝(かんえいつうほう)」など銅銭316枚が見つかった。

 山口市教委は「当時の往還のにぎわいを知ることができる貴重な資料。復興のシンボルになれば」と話している。

 市教委文化財保護課によると、発見されたのは、わらのひもを通した束になった「銭さし」の計76枚のほか、寛永通宝235枚、7世紀以降の中国産の銅銭5枚。豪雨によって崩壊した路肩の整地作業を行っていた市内の造園会社の作業員が昨年11月8日、地下1メートル付近の土中から見つけ、市教委に報告した。

 同課では、現場が山あいで周辺に人家や寺社跡がないことなどから、備蓄目的や儀式用だった可能性は低く、萩往還の通行人が落としたか、一時的に隠したものではないかとみている。

 調査した同課の佐藤力主査は「史跡が被害を受けたことは残念だが、結果として銅銭が見つかった。どんな人が落としたのか想像するのも興味深い」と話している。

 市教委は3月16日〜5月9日、同市歴史民俗資料館で出土した銅銭を展示する。入館料は小中学生50円、高校生以上100円。原則毎週月曜は休館。

沖縄連絡室を設置=政府(時事通信)
<神経細胞>皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
「現行案がベスト」普天間移設で駐日米大使(産経新聞)
銃弾?入り封筒、首相官邸と小沢氏事務所に郵送(読売新聞)
働き盛り襲う心臓突然死 ストレス引き金…心身管理が大切(産経新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-02-02 12:58
 愛知県一宮市の病院に入院中、不当な身体拘束を受けたとして、80代の女性側が、運営する社会医療法人「杏嶺会」を相手に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は26日、女性への拘束を適法だったと判断し、病院側に70万円の支払いを命じた二審判決を破棄、原告側の請求を退けた。原告側逆転敗訴が確定した。
 一審名古屋地裁一宮支部は、身体に危険が迫り、ほかに危険を避ける手段がなく、必要最小限であれば、患者の同意がなくても拘束は許されるとした上で、「女性は看護師の制止を聞かずに車いすで出歩き、転倒の危険があった。拘束も2時間だった」と請求を退けた。
 二審名古屋高裁も同様の条件を満たせば拘束できるとしたが、女性に危険はなかったとして、病院の対応を違法と判断していた。 

【関連ニュース】
「混合診療」は保険対象外=がん患者側が逆転敗訴

<鳩山首相>参院選後に省庁再編の意向(毎日新聞)
都議補選あす投開票(産経新聞)
<鳩山首相>官邸に来ませんか…ブログで国民招待(毎日新聞)
児童虐待、有力情報に10万円…警察庁(読売新聞)
<神戸ポートタワー>改修工事進む 3月下旬にリニューアル(毎日新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-02-01 07:42