長男に懲役4年6月=母親に暴行、傷害致死罪−新潟地裁(時事通信)

 新潟県長岡市の自宅で2008年9月、無職小野沢トシ子さん=当時(76)=の顔などに暴行を加え死亡させたとして、傷害致死罪に問われた長男の無職孝敏被告(45)の判決が13日、新潟地裁であった。山田敏彦裁判長は懲役4年6月(求刑懲役6年)を言い渡した。
 検察側は論告で「直接証拠はないが、犯行時間帯に自宅におり、当時着ていた服からトシ子さんの血痕や毛髪が付着していることなどから、犯人であることに疑いはない」と主張。一方、弁護側は「暴行を加える動機はなく、暴行と関係なく血痕などが付着する機会は十分にあった」と無罪判決を求めた。 

【関連ニュース】
市橋被告「殺意なかった」=弁護団、争う姿勢
父親に暴行、死なせた男に懲役5年=裁判員「家族内、判断難しかった」
2女児虐待死、男に懲役17年=殺人罪は適用せず・札幌地裁
傷害致死、男に懲役6年=被害者参加の裁判員裁判
遺族が被告に質問=裁判員裁判で初

高速道走行中、バス運転手が意識不明…乗客停車(読売新聞)
東京地検が石川議員を夜から異例の聴取、4億円不記載疑い(産経新聞)
参院選後、民主と連携も=人物本位で選挙協力−公明の山口代表(時事通信)
【科学】「クラゲ星雲」火の玉だった X線天文衛星で観測(産経新聞)
家庭で環境に良いことを実践しているのは妻がダントツ(産経新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-01-18 19:20