卵アレルギーなどの小児科向け迅速検査薬を発売(医療介護CBニュース)

 クリニックにおける小児科診療の質の向上を目指して、臨床検査機器・体外診断用医薬品メーカーのアークレイ(本社=京都市)は1月9日、卵アレルギーやスギ花粉などの迅速検査に優れた検査薬など2種類を発売する。

 発売されるのは、迅速検査装置「スポットケムILSL-4720」の検査薬「アレルギー(特異IgE)検査薬スポットケムi-LineIgEシリーズ」と「A群溶連菌検査薬スポットケムi-LineStrepA」の2種類。

 同社調査によれば、現在小児科診療のアレルギー検査は約90%が外注され、検査から診断・治療開始までに時間を要していたという。
 「スポットケムi-LineIgEシリーズ」は、20μLの血液(米粒大程度)を用いて、同時に最大で5項目の測定を20分で可能にし、血液中の抗体濃度を6段階で表示する。9日発売の検査薬の測定項目は、ランパク(卵白)、ランオウ(卵黄)、ミルクなどの食物系アレルギー5項目と、ネコフケ、スギの吸入系アレルギーの2項目。
 同社では、その場で結果を知ることができることに加え、従来の外注検査に比べ採血量も減ることにより、患者の負担が軽減するとしている。

 「スポットケムi-LineStrepA」は、急性咽頭炎や扁桃腺炎の原因菌の一つとされるA群溶連菌について、喉頭ぬぐい液を用いて10分で測定する。


【関連記事】
「ぜんそく治療薬の新たな選択肢」発売へ―アステラス、アストラゼネカ
「ぜんそく死ゼロ」目指すガイドライン―日本アレルギー学会
アレルギー体質にかかわる遺伝子を解明―理研
夢の医薬品、「花粉症緩和米」
食物アレルギーの情報サイトを開設

ダンスダンスダンス
まさつぐのブログ
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-01-12 15:47