<口蹄疫>家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫問題で、同県えびの市は24日、市内で新たな感染がないことを確認する家畜の清浄性検査を始めた。26日までの3日間で最初の発生農家から半径3キロ以内の牛1338頭から採血し、豚は2723頭を目視検査する。牛の全頭が「陰性」で、豚にも異状がなければ6月4日に家畜の移動・搬出制限区域(半径10キロ・同20キロ)を解除する。

 解除後は市内のすべての牛、豚計約10万頭の出荷が可能になり、市は「終息宣言」を出す方針。【中尾祐児】

【関連ニュース】
口蹄疫:食肉処理場の操業再開認める…移動制限区域
口蹄疫:ペットのヤギにも感染の疑い
口蹄疫:牛に対するワクチン接種始まる 3市4町で実施
口蹄疫:産地切り替え困難 種牛殺処分
四日市市議:ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」

地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
専門家と一般消費者つなぐマッチングサイト人気(産経新聞)
国王迎え、宮中晩さん会=陛下「きずな強めるよう願う」―皇居(時事通信)
自民なおゴタゴタ 党本部VS宮城県連に発展 谷川氏が暗躍か…(産経新聞)
党本部推薦に県連反発、自民が宮城で分裂選挙へ(読売新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-05-27 13:48