鶴岡八幡宮の大イチョウ、移植の幹から芽(読売新聞)

 強風で倒れ、移植された鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市雪ノ下)の大イチョウの幹から18日、緑の芽が出ているのが確認された。

 専門家によると、今年は幹が根付いていなくても芽が出ることが想定されており、来年の春、芽吹けば根付いたことが分かるという。根元部分からはすでに「ひこばえ」とよばれる芽も出ている。

 この日は鎌倉まつりで、ジョン・ルース駐日米大使が流鏑馬(やぶさめ)などの行事を視察。吉田茂穂宮司が移植された幹や、地面に残った根元部分に案内すると、大勢の参拝客とともに、興味深そうに観察していた。

1Q84 朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
<鹿島市長選>無投票で樋口氏が初当選 佐賀(毎日新聞)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
<脱毛症>育毛成分など対症法5段階評価…学会が診療指針(毎日新聞)
「お金もったいなくて」ETC突破の会社員逮捕(読売新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-04-19 20:01