普天間「ゼロベース」で検討=米、沖縄に理解求める−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は9日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で社民、国民新両党の案が提示されたことに関し、「ゼロベースで今日までやってきたわけだから、政府案をまとめていく過程で米国にも、特に沖縄県民にも理解を求めていく。そういった理解が得られる案に作り上げていく」と強調した。
 両党の案については「参考にさせてもらいながら、政府の案を練っていく。どの案が有力だとか、あるいはどの案を検討しないとか、そういうことを言う段階ではない」と評価を避けた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
迫る期限、深まる混迷=選択肢狭める鳩山首相
社民の移設案要旨
国民新党の移設案要旨

<雑記帳>密室政治解消?市長面会室ガラス張りに 南相馬市(毎日新聞)
割引財源で高速道建設=使途拡大で改正法案−国交省(時事通信)
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
二次医療圏見直しで検討会設置へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
小6ら4人、「小遣い不足」とひったくり 72歳女性のカバン奪う(産経新聞)
[PR]
by 5wlpkuirt0 | 2010-03-11 00:50